東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 人材育成

BLOG

BLOG 2016.09.19

人材育成


先週末は二友会の例会がありました!

 

『二友会』っていうのは都内近郊にある糸へん製造業の経営者の集まり。

ちょっとカッコよく言うと“アパレルものづくりのプロ集団”です。

 

今回のテーマは『人材育成』

 

・新卒採用

・中途採用

・外国人実習生

 

それぞれ代表者が自社の取り組みを発表、皆で意見や質問をぶつけていきます。

 

img_5620

辻洋装店は基本的に新卒採用ですが、皆さんホントに採用・人材育成には頭を悩ませている様です。

 

なかでも外国人実習生は文化の違いから教えていくので気が遠くなりそうです(笑)

生活面も含めてお世話する感じでしょうか?

反面、日本人にはないハングリーさがあるのでモチベーション維持には気を遣わなくてもいいそうです。

 

img_5623

私たちの会社は技術がウリでお仕事をいただいでいます。

その技術はどこにあるのかというと従業員がもっているのです。

どこにも売っていません。

でも、その技術を初めからもっている人は一人もいません。

 

img_5624

辻洋装店ではまっさらな人に先輩社員が時間と手間と愛情をかけて技を教えます。

ついでに心も丁寧に磨いていきます(こっちの方が大事かも(笑)

教えてもらう人は感謝の気持ちが強いほど成長が早い気がします。

 

img_5626

会社のレベルに等しい人しか採用できない(同類親和の法則)なら

自社のレベルを、自分のレベルを上げていくしかないのだと思います。

 

img_5631

キビシイ業界ですのでよく分かりますが、

従業員をただの労働力だと考えると“安い賃金で技術のある人”が欲しくなります。

 

img_5634

技術や適性も大切ですが、会社の理念や人間としての根っこの部分で繋がれると

もっといい集団(会社)になれる気がします(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

辻洋装店の針 ①ミシン...

極薄シルクから極厚ウールまで多種多様で感性に富んだイタリ...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...

縫製工場と女子大生

学生の工場見学は歓迎いたします 本日のお客様は実践女子...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

縫製機器をハンドメイド...

ロット(生産枚数)が多いときにはパターンシーマーを使うこ...