東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 二本針ミシン

BLOG

BLOG 2017.11.16

二本針ミシン


主にカットソーのヘム上げに使われる二本針ステッチ(素材の伸縮に追従する縫い目)ですが、今回は上糸にも飾り糸を通す両振りです。
製品は薄いジャージー素材ですが縫代の重なる部分は7枚分もの厚みになります。すると押さえ金の位置が上がり、上のルーパーがうまく糸を拾ってくれません。同じ設定で縫えないと、困ります。

「二本針のことはカットソー屋さんに聞こう」と、カットソー縫製のプロである中村縫製さん(しかもオールドミシンマニア)に電話でアドバイスを請いました。
言われた通りにルーパーの高さと針の向きを調整してみると・・・あっけないほど簡単に問題が解決しました。
持つべきものは友でした。

中村さん、有り難うございました。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

東京事情

辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタの...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

従業員家族見学会

今日はなんと!『従業員のご家族対象の辻洋装店見学...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...