東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 二本針ミシン

BLOG

BLOG 2017.11.16

二本針ミシン


主にカットソーのヘム上げに使われる二本針ステッチ(素材の伸縮に追従する縫い目)ですが、今回は上糸にも飾り糸を通す両振りです。
製品は薄いジャージー素材ですが縫代の重なる部分は7枚分もの厚みになります。すると押さえ金の位置が上がり、上のルーパーがうまく糸を拾ってくれません。同じ設定で縫えないと、困ります。

「二本針のことはカットソー屋さんに聞こう」と、カットソー縫製のプロである中村縫製さん(しかもオールドミシンマニア)に電話でアドバイスを請いました。
言われた通りにルーパーの高さと針の向きを調整してみると・・・あっけないほど簡単に問題が解決しました。
持つべきものは友でした。

中村さん、有り難うございました。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

初任給で親孝行

GW連休明けの朝礼では新入社員による発表があります。 ...

質問

昨日見学にいらっしゃった戸板女子短期大学の学生からいただ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

Welcome,Col...

先週に引き続きコロンビアの方々が見学にいらっしゃいました...

中野ケンシロウ辞めまし...

いつの間にか本名を隠す必要がなくなってたので、こ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...