東京中野の縫製工場「辻洋装店」| レクチャー

BLOG

BLOG 2018.04.05

レクチャー


新入社員が入社して間も無く3週間が経ちます。

慣れない環境での新生活、仕事の面でも覚えることが多くて大変そうですがそんな中、専務から“ハガキの書き方”についてレクチャーがありました。

父親の顔してます。

“親にハガキを書く意味”や“具体的な作法などを教えてもらったらすぐに実践です。
効果を実感できるのは数日後か数ヶ月後か数年後か数十年後か・・・でも、続けていると必ずイイことあります。書いている人の心も磨かれるような気がします。

有り難うございます。

そして4月は辻洋装店が最も忙しい月のひとつでもあります。
お仕事に打ち込めることにも感謝して良いモノづくりに励んで参ります。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

通過

6月末に新しい機械を導入しました。辻洋装店は狭い...

繊研新聞

6/19のセミナーの内容が繊研新聞(業界紙です)に掲載さ...

裏地

先日、裏地についての勉強会を行いました。小ロット...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

なぜ辻洋装店の社員は毎...

孝は百行の本なり 親になると分かりますが、親は子供が想...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...