東京中野の縫製工場「辻洋装店」| メローロック

BLOG

BLOG 2013.01.22

メローロック


こちら、いわゆる普通のロック。

 

 

そして、こちらがメローロック。

 

 

出来上がりの見た目はぜんぜん違いますよね?

でも実はコレ、同じ種類のミシンで縫ってるんです(^^)

 まずは押え金と針板を専用パーツに替えて

 

針目を細かく設定。

辻洋装店では通常のロック糸はポリエステルのスパン糸 

メローの時はウーリー糸を使うことが多いです。

 

これで糸調子を整えれば・・・

 

完成!!

ツメの種類と糸の組み合わせでいろいろな表情が出せるんです(^^)

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

学び合い

今年も専務が埼玉県立新座総合技術高等学校でお話しさせてい...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...