東京中野の縫製工場「辻洋装店」| ボビンに巻かれた下糸が減ってくるとなんで糸調子が悪くなるのか?

BLOG

BLOG 2017.01.23

ボビンに巻かれた下糸が減ってくるとなんで糸調子が悪くなるのか?


“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる”

 

ボビンケースの構造上ある程度はしょうがないのですが、

極端に悪くならないように色んな要素を探っています。

IMG_6758

糸の種類?

ボビンの素材(鉄・アルミ)?

ボビンの変形?

ミシンとの相性?

ボビンケースの微妙な設定?

ミシンの機種によっても違うのか?

・・・

 

IMG_6761

組み合わせを変えてデジタルテンションメーターで数値化してみます。

 

上糸調子が電子制御になっても下糸調子は相変わらずのアナログなので、

新型ミシンと仲良くなるためにも知りたいテーマなのです。

 

複雑すぎてまだ全然わかんないですけどね(^^;

 

ツジゴウ


よく読まれている記事

秋刀魚と被災地

今年も社長宅で秋刀魚をいただきました。東日本大震...

東京事情

辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタの...

防災の日

今年も避難訓練を行いました。(去年の様子)「ヘル...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

素人が秋刀魚を美味しく...

5年で300尾以上の秋刀魚を焼いてきた辻洋装店プレス部主...