東京中野の縫製工場「辻洋装店」| ボイラー

BLOG

BLOG 2019.04.12

ボイラー


昨日の朝、不着火のランプとブザーで冷や汗をかきました。電源の入れ直しで無事着火。

今日の朝、再び不着火のランプとブザー。電源の入れ直し5回目でなんとか着火。昼ごろ、昨日は出張中だったボイラー屋さんが来てくれました。缶体からの水漏れでもう交換しないとダメだそうです。

今日の夕方まではなんとか持ってくれました。明日交換して日曜日に試運転して月曜日を迎えます。幸運にも色々なタイミングが合って、仕事を止めないで済みそうです。

お疲れ様でした。

辻洋装店アトリエでは電気アイロンと生蒸気のアイロンを素材や工程で使い分けています。ボイラーが止まるとアイロンが10台使えなくなるので大問題なのです。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

つばめ返し

デジタルテンションメーターで下糸のテンションを数値化でき...

ボビンに巻かれた下糸が...

“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる” ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...