東京中野の縫製工場「辻洋装店」| バネバネ

BLOG

BLOG 2013.05.16

バネバネ


 

数々の実験の結果、

『押えの圧力調整バネ』と『上糸調子バネ』

この2つは標準品よりもやわらかい方がイイ!!

と、なりました(^^)

(もちろん“現在の辻洋装店では”です)

早速すべてのミシンのバネを交換♪

 

“キレイに縫うことが出来れば”すべての圧力は弱いに越したことはありません。

古くなったボビンもアルミの軽量ボビンに替えて

 

下糸の抵抗や空回りもなくしていきます。

技術力UP

人間力UP

設備力UP

すべては圧倒的なクオリティーに向かっています(^^)

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

辻洋装店の針 ①ミシン...

極薄シルクから極厚ウールまで多種多様で感性に富んだイタリ...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...

縫製工場と女子大生

学生の工場見学は歓迎いたします 本日のお客様は実践女子...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

縫製機器をハンドメイド...

ロット(生産枚数)が多いときにはパターンシーマーを使うこ...