東京中野の縫製工場「辻洋装店」| バネバネ

BLOG

BLOG 2013.05.16

バネバネ


 

数々の実験の結果、

『押えの圧力調整バネ』と『上糸調子バネ』

この2つは標準品よりもやわらかい方がイイ!!

と、なりました(^^)

(もちろん“現在の辻洋装店では”です)

早速すべてのミシンのバネを交換♪

 

“キレイに縫うことが出来れば”すべての圧力は弱いに越したことはありません。

古くなったボビンもアルミの軽量ボビンに替えて

 

下糸の抵抗や空回りもなくしていきます。

技術力UP

人間力UP

設備力UP

すべては圧倒的なクオリティーに向かっています(^^)

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

つばめ返し

デジタルテンションメーターで下糸のテンションを数値化でき...

ボビンに巻かれた下糸が...

“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる” ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...