東京中野の縫製工場「辻洋装店」| バネバネ

BLOG

BLOG 2013.05.16

バネバネ


 

数々の実験の結果、

『押えの圧力調整バネ』と『上糸調子バネ』

この2つは標準品よりもやわらかい方がイイ!!

と、なりました(^^)

(もちろん“現在の辻洋装店では”です)

早速すべてのミシンのバネを交換♪

 

“キレイに縫うことが出来れば”すべての圧力は弱いに越したことはありません。

古くなったボビンもアルミの軽量ボビンに替えて

 

下糸の抵抗や空回りもなくしていきます。

技術力UP

人間力UP

設備力UP

すべては圧倒的なクオリティーに向かっています(^^)

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

働きがい

ある旅人が、建築現場で働く3人の石工に出会います。それぞ...

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

【費用は?】アパレルメ...

サンプル製作 少なすぎる情報でお見積もりを提示するのは...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...