東京中野の縫製工場「辻洋装店」| ハンドステッチ

BLOG

BLOG 2017.07.07

ハンドステッチ


辻洋装店は7つのチームでのグループ生産をしています。

なので当然、7型の製品を同時進行。。。。

(写真は五香菜館の坦々麺)

(写真は五香菜館の坦々麺)

 

それが今現在、7チームのうち4チームでハンドステッチが入る製品を縫っています。・・・①

IMG_8451

“ハンドステッチ”はハンドステッチミシンで縫います。

一本の短い糸(120cmくらいまで)を並縫いしてくれるのですが、

構造上、縫うのにすごく時間(=コスト)が掛かります。・・・②

 

おまけにミシンのトラブルで時間も取られ・・・③

IMG_8450

トリプルパンチでとっても渋滞してます(^^;

IMG_8447

ハンドステッチは主に高級品の装飾ステッチとして、衿やフラップ、袖口まわりに施されます。

糸の色、種類、幅、ピッチなどで表情がガラッと変わるんです。

そこはデザイナーのセンスですね(^^)

ツジゴウ

 

 

 


よく読まれている記事

秋刀魚と被災地

今年も社長宅で秋刀魚をいただきました。東日本大震...

東京事情

辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタの...

防災の日

今年も避難訓練を行いました。(去年の様子)「ヘル...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

素人が秋刀魚を美味しく...

5年で300尾以上の秋刀魚を焼いてきた辻洋装店プレス部主...