東京中野の縫製工場「辻洋装店」| ノボリクビ

BLOG

BLOG 2014.09.03

ノボリクビ


昨日は班長会議がありました。

議題にあがったのは

 

“スタンドカラーやノボリ首のジャケットの衿をキレイに立たせるために裏地の肩に+αのゆとりは必要か?”

 

IMG_9108

というダイブ専門的なこと(^^)

衿の立ち具合や雰囲気は表地・裏地の素材や肩ハギ、オペレーターのちょっとした綴じ方(手グセ)によっても表情が変わってしまうとても繊細な箇所・・・

なので、話し合って答えがでるような問題ではありません。

でも、各部門のリーダーで問題意識を共有することがとても大切なんです!

 

IMG_9109

いっしょにご飯食べたりしながら・・・(笑)

 

IMG_9105

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

 


よく読まれている記事

従業員家族見学会201...

前回から3年経ちます。 先月末に【従業員家族見学会20...

【費用は?】アパレルメ...

(たぶん多くの)縫製工場は信頼できる取引先と末長くお付き...

繊研新聞

6/19のセミナーの内容が繊研新聞(業界紙です)に掲載さ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

社員旅行!3.5

やっぱりコノ時代、社員旅行で運動会ですよ(^^)...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...