東京中野の縫製工場「辻洋装店」| ノボリクビ

BLOG

BLOG 2014.09.03

ノボリクビ


昨日は班長会議がありました。

議題にあがったのは

 

“スタンドカラーやノボリ首のジャケットの衿をキレイに立たせるために裏地の肩に+αのゆとりは必要か?”

 

IMG_9108

というダイブ専門的なこと(^^)

衿の立ち具合や雰囲気は表地・裏地の素材や肩ハギ、オペレーターのちょっとした綴じ方(手グセ)によっても表情が変わってしまうとても繊細な箇所・・・

なので、話し合って答えがでるような問題ではありません。

でも、各部門のリーダーで問題意識を共有することがとても大切なんです!

 

IMG_9109

いっしょにご飯食べたりしながら・・・(笑)

 

IMG_9105

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

 


よく読まれている記事

パイピング

辻洋装店ではほとんどの場合、パイピングステッチはパイピン...

ご案内

今年もご案内をいただきました。 我々、縫製工場が一番お...

クチュールレッスン

辻洋装店新入社員対象のクチュールレッスン。先週末...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

素人が秋刀魚を美味しく...

5年で300尾以上の秋刀魚を焼いてきた辻洋装店プレス部主...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...