東京中野の縫製工場「辻洋装店」| デジタル・テンション・メーター

BLOG

BLOG 2014.04.02

デジタル・テンション・メーター


     IMG_8113

こんな機械がアトリエに眠っていたので実用法を考えています。

 

基本的に本縫いミシンのミシン目とは

上糸と下糸の微妙な張力バランスで成り立っています。

このバランスが悪いと様々なトラブルの原因になってしまいます。

 

しか~~し!!この大事なバランス、オペレーターの経験や勘に頼るところが大きいのです(^^)

なのでソレを数値化しようというのがこの機械のようです。

なにを今更・・・という気もしますが、最近ボビンの糸巻量によって下糸調子が変化することがとても気になるので!

なにかヒントはないかな~(^^)

 

 

昨日、辻洋装店大食い選手権予選がありました。←ウソです(笑)

 

 IMG_8110

IMG_8111

 IMG_8109

“増し増し”はヤメときましょう(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

つばめ返し

デジタルテンションメーターで下糸のテンションを数値化でき...

ボビンに巻かれた下糸が...

“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる” ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...