東京中野の縫製工場「辻洋装店」| チャンス

BLOG

BLOG 2018.06.15

チャンス


17年の衣類の輸入浸透率、過去最高の97.6%に

国内生産量は8.1%マイナス

衣類の輸入浸透率が再び伸び率を拡大している。日本繊維輸入組合がまとめた「日本のアパレル市場と輸入品概況」によると、17年の輸入浸透率は過去最高の97.6%だった。16年は前年に比べてわずか0.1ポイントの上昇にとどまり、一定の歯止めがかかったと思われた。しかし、1年後には、0.3ポイント上昇した。一部で期待された国内生産への回帰は幻想に過ぎず、むしろ国内生産は衰退のペースを速めたと考えられる。

6/4付の繊研新聞より

10日ほど前でしょうか?業界では随分と話題になりました。

衣類の国内生産量は減り続け、そのペースを上げています。
同業者の廃業もまだあります。底を打っている感覚はありません。
しかし・・・

これは新たなビジネスチャンス到来!?

有能な縫製技術者にスポットが当たる日は近い!?

とも考えられます。
チャンスはプラス発想で前を向いている人の前にやってくる気がします。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

ボビンに巻かれた下糸が...

“ボビンに巻かれた下糸が減ってくると糸調子が悪くなる” ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...