東京中野の縫製工場「辻洋装店」| タテの繋がり

BLOG

BLOG 2018.03.07

タテの繋がり


本日のお客様は織田ファッション専門学校の一年生と先生13名様でした。
毎年いらっしゃいます。

いつもより狭いです。

歴史のある学校だしご近所さんなので(JR中央線中野駅付近の黄色い看板の『織田学園』がそうです)、先代の学園長の時代からご縁を頂いています。

生地が服になって出荷されるまでの全てをご覧いただけます。

そして、この春から織田出身の辻洋装店社員が合計6名になる予定です。
同窓の先輩が活躍している安心感。プライスレスです。

昨年のクリスマスパーティーで。増え続ける“織田姉妹”

初めて見るものづくりの現場はいかがでしたでしょうか?

イイ笑顔いただきました。

疑問点が出てきたらいつでもお問い合わせください。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

秋刀魚と被災地

今年も社長宅で秋刀魚をいただきました。東日本大震...

東京事情

辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタの...

防災の日

今年も避難訓練を行いました。(去年の様子)「ヘル...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

美しすぎるメローロック

『メローロック』とひとことで言っても実は様々なモノを指し...

素人が秋刀魚を美味しく...

5年で300尾以上の秋刀魚を焼いてきた辻洋装店プレス部主...