東京中野の縫製工場「辻洋装店」| ジカンのゼイタク

BLOG

BLOG 2016.08.31

ジカンのゼイタク


辻洋装店では年間200型以上の製品を製作しています。

 

新しい型の製作に入る時には、先上げ担当者や班長から班のメンバーへ、

型や生地の特徴、仕事の進め方についての〝セツメイ″があります。

 

IMG_5375

その際、最終製品(先上げ)とパターンはマストアイテム!

デザインへの理解を深め、

それを具現化するためにパターンに盛り込まれた意図を酌んでから縫製にとりかかります。

 

IMG_5101

この人数で仕事をすすめる手を止めてのミーティング×200回以上・・・。

 

時間の犠牲はコワいくらいだけど(^^;

いいモノを作りながら人を育てるには必要な

とっても贅沢な時間だと思います。

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

 


よく読まれている記事

繊維製品品質管理士TE...

辻洋装店の社員として初めて〈繊維製品品質管理士TES〉が...

芦田淳先生

ファッションデザイナーの芦田淳先生がお亡くなりになりまし...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

松下幸之助の運命論

時々思い出して反省します。“私は日々に感謝して、...

辻洋装店の針 ①ミシン...

極薄シルクから極厚ウールまで多種多様で感性に富んだイタリ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...