東京中野の縫製工場「辻洋装店」| キモのキモ

BLOG

BLOG 2013.08.02

キモのキモ


粗断ち

 ↓

芯貼り

 ↓

のあとに生地を吊るしてリラックス♪

半日~1日程、空気中の水分を吸わせて生地をニュートラルな状態にします。

 

そのためには裁断場の湿度を保つ必要があります。

機械を複数動かしてエアコンもつけると夏場でも湿度は下がりがち

なのでコイツで湿度をコントロールします(^^)

 

四季のある日本ならではの工程でしょうか?

このひと手間で型崩れしにくい製品になります。

 

こんなことも含めて

辻洋装店にはほとんど隠し事がありません。

理由は・・・社長の性格です(^_^;)

 

技術のキモもいつでも完全公開!

他社の動向に関わらず、常に進化し続ける覚悟があるんです(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

クリスマスパーティー2...

週末に『辻洋装店クリスマスパーティー2017』が行われま...

同業者の工場見学

先週は株式会社モンスター草桶社長以下13名さまと、米富繊...

縫製工場自立化への道

第5回 全国アパレルモノづくりサミット「自己変革で未来を...

辻洋装店の針 ③折れ針

手縫い針の破損は曲がりやサビ(手汗でサビると生地への通り...

松下幸之助の運命論

時々思い出して反省します。“私は日々に感謝して、...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...