東京中野の縫製工場「辻洋装店」| キモのキモ

BLOG

BLOG 2013.08.02

キモのキモ


粗断ち

 ↓

芯貼り

 ↓

のあとに生地を吊るしてリラックス♪

半日~1日程、空気中の水分を吸わせて生地をニュートラルな状態にします。

 

そのためには裁断場の湿度を保つ必要があります。

機械を複数動かしてエアコンもつけると夏場でも湿度は下がりがち

なのでコイツで湿度をコントロールします(^^)

 

四季のある日本ならではの工程でしょうか?

このひと手間で型崩れしにくい製品になります。

 

こんなことも含めて

辻洋装店にはほとんど隠し事がありません。

理由は・・・社長の性格です(^_^;)

 

技術のキモもいつでも完全公開!

他社の動向に関わらず、常に進化し続ける覚悟があるんです(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

問い合わせ

一般的に5・6月は縫製屋の閑散期。。。それを知っ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...