東京中野の縫製工場「辻洋装店」| インターンシップ

BLOG

BLOG 2017.06.08

インターンシップ


5月〜8月は就職活動中の学生インターンを受け入れているので、

社内によく学生がいます(^^)

今週のUさんには “印つけ”や“蒸気かけ” などをやってもらってます。

 

IMG_8262

※写真は付属品の蒸気かけ。製品にする前に熱と蒸気で収縮させます。

 

やってもらう仕事がないときは糸の整理や掃除をしてもらうこともあります。

あくまでもインターンの目的は

 

「辻洋装店の雰囲気を感じてもらうこと」

 

洋服づくりって意外とジミかもしれません。

本物の技術を身につけることは一朝一夕には出来ません。

“地道にコツコツ”努力することがとっても大切。

 

どのくらいジミなのか

 

どのくらい地道にコツコツなのか

 

どのくらいクォリティーにこだわっているのか

 

自分で実際に感じてください。

1年目から8年目までは全ての年代に先輩がいます。

一週間という時間を共にして初めて分かることもあると思います。

 

就職のミスマッチは

本人にとっても企業にとっても業界にとっても

不幸なんです。

 

辻洋装店で受け入れているインターンは、

年間20名程ですが今年もすでに10名程予約が入っています。

 

希望者はお早めにお電話ください!

 

実施日は応相談です!

ツジゴウ


よく読まれている記事

『夏ノマスク』販売開始

これまで、依頼されたお仕事として数千枚のマスク製作をお手...

必要とされる喜び

縫製工場は得意なアイテムやそのカテゴリーで結構ハッキリと...

学び合い

次の社内テストに向けての勉強会が行われました。社...

技術指導

辻洋装店ではライン生産ではなく、少人数によるグループ生産...

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...