東京中野の縫製工場「辻洋装店」| アフターケア

BLOG

BLOG 2019.02.08

アフターケア


1月、2月とクリーニング屋さんが連続で見学にいらっしゃいました。

辻洋装店は高級婦人服専門の縫製工場として高額品を生産していますが、扱っている生地の物性は“年々悪くなっている”と感じています。
70年間様々なトラブルを経験してきた私たちの経験をも物性の悪さが凌駕してしまっているのです。(それでも、なんとか高級品としての“品位”を縫い込もうと日々苦労し、やっとの思いで製品を完成させています)

縫製工場で起こる物性トラブルは品質表示(デメリット表示)に表示されないこともあるので、クリーニング屋さんのご苦労は想像に難くないのです。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の皆さま

日本繊維商品めんてなんす研究会の皆さま

お互いに学び合い、お客様(消費者)の幸せを願って仕事に励みたいと思います。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

進化する芯貼り

高級婦人服の縫製工場には欠かせない工程である『芯貼り』 ...

縫製工場の生産性

直接的に製品に加工を加える仕事に対して、その仕事をチーム...

光和衣料(株)さんを工...

先週、埼玉県久喜市の光和衣料株式会社さんを見学させていた...

辻洋装店の縫製設備をご...

本縫いミシン32台+特殊ミシンで60台! サイトをリニ...

究極のベルベット縫製!...

“ベルベット”と一口にいっても メーカーによって、品番...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...