東京中野の縫製工場「辻洋装店」| アパレル工業新聞

BLOG

BLOG 2015.12.17

アパレル工業新聞


12/1付のアパレル工業新聞に受賞の記事が掲載されました。

 

01ff48ddee6ba5490e32f26b0c1d68946eeff0c7a6

 

東京都中小企業技能人材育成大賞

 

辻洋装店が大賞に

 

働きやすい環境に評価

 

婦人服製造の辻洋装店(辻庸介社長)が、「平成27年度東京都中小企業技能人材育成大賞」の大賞(知事賞)を受賞し、先月12日、都庁で表彰を受けた。繊維・ファッション業界では初。

 

同賞は技能者の育成と技能継承で特に成果を上げた都内の中小企業を表彰する制度。今年度は大賞の辻洋装店をはじめ、優秀賞3社、奨励賞4社が選ばれている。辻社長は「若手の技術者育成だけでなく、子供を持つママさんが復帰して働ける環境も評価された」と喜びを語る。

 

東京・中野区にある辻洋装店は、従業員約50人で婦人プレタの工場として知られている。今回の受賞は、技術と同時に人間性を磨くことにより、感性豊かで品質の高い服作りができるという信念のもとで人材育成を行ってきたことが理由。

 

新人社員に対しては班の先輩が傍らについて指導すると同時に、ジョブカードと呼ばれる認定実習併用職業訓練も活用し、外部の訓練期間で学ばせている。班員の構成を定期的に変えることで、他の業務を経験させるとともに、指導的立場を担う人材の育成に役立てる。また、育児休業後に復帰する社員を積極的に支援し、現在も4人が「ママ班」を結成するなど、女性が働きやすい職場を目指してきた。毎年15~25人のインターンシップの学生も受け入れているという。

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...