東京中野の縫製工場「辻洋装店」| ご案内

BLOG

BLOG 2018.09.14

ご案内


今年もご案内をいただきました。
我々、縫製工場が一番お世話になっている『東京都ミシン商工業協同組合』(ミシンなど縫製機器の販売代理店さん)が主催し毎年行われているFISMA TOKYO「東京ファッション産業機器展」という展示会です。

社員数名と伺う予定です。(昨年はこちら
毎年大きな変化があるわけではないけれど、「何かがあるハズ」と思って通うと何かがあります。

今年のテーマは「KAI-ZEN PARTⅡ」

主催者セミナーも興味深いテーマです。

ミシン(特に工業用)は一生モノです

最近、「ミシンをネットで買ったら粗悪品だった」という被害が増えているそうです。出所の分からない粗悪品は修理してくれるお店もありません。ヤクザまがいの業者も少なくないそうなので、安価だからといって非正規のお店で買うのは危険です。
ミシンは精密機械なので長く使っていれば多少のトラブルはつきものです。メンテナンスなどのアフターサービスを考えると多少高くても、正規取扱店から買うのが安心です。将来起こり得るトラブル対策も含め「ミシンを買うなら正規取扱店で」というのは私たちの業界では当然のことなのです。

東京都内の高級婦人服縫製工場三兄弟の三番目
ツジゴウ


よく読まれている記事

【費用は?】アパレルメ...

業界では当たり前すぎてわざわざ文章にすることも憚られるよ...

東京事情

辻洋装店はパターン製作から最終プレス仕上げまでをプレタの...

TSUJIの服

一般的な縫製工場のグチとしてよく挙がるのは「ロッ...

今年のテーマは「小ロッ...

小ロット生産 一着10〜30万円もするジャケットは高級...

従業員家族見学会

今日はなんと!『従業員のご家族対象の辻洋装店見学...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...