東京中野の縫製工場「辻洋装店」| あだ名

BLOG

BLOG 2011.10.18

あだ名


こんにちは!

寒くなってきたかと思いきや、急に気温が上がったり…何を着て良いやら…
体温調節が難しい今日この頃です(¨;)

 

さて、我社では社員同士をお互いにニックネームで呼んでいますが、
今回は私が今までに出会ってきたあだ名で印象に残るエピソードを…

あだ名とは大抵が苗字・名前からの『○○ちゃん』や『○○っち』とか、
『キムタク』のように略してみたり、初めて聞いても誰だかわかるようなものが多いと思いますが、
私が高校生の時に同じクラスだった男友達にはこんなあだ名がついていました。

 

『サウジ』です。

 

外国人?…いいえ!

ハーフ?…いいえ!!

名前にそれらしき文字が入っているのかな?…いいえ!!!

じゃあ何で…

 

顔がちょっとエキゾチックだからです!!!!

 

確かに少し浅黒で目がくっきり二重で、少々日本人離れした顔立ちの人でした。
そこからの→”サウジアラビア人っぽいよね”→”じゃぁサウジだ!”となったのだと思います。

最初は自身もちょっと抵抗があったようですが…
皆がそう呼ぶので、結局高校の3年間はずっと『サウジ』でした(笑)

そんなサウジも、卒業間際には結構なイケメン君になっており、びっくりしたものでした。

 

このあだ名に関しては後日談があり、高校を卒業して大分経った頃、
当時アラブやらイラクの方で内戦など物騒な事があり、新聞の一面に大きな文字で…

 

『サウジ 40人死亡』

 

というとんでもない見出しが!!(。。;)

咄嗟に、とても不謹慎ではありますが吹き出してしまい…同時にその彼の安否を心配してしまいました(笑)
…某新聞社様、私達には紛らわしいので略さずに『サウジアラビア』と書いてくださいm(__)m

いやいや、しかし懐かしい響きで、久々に色んな事を思い出せた瞬間でもありました。
若い時に考えるあだ名は想像を超えるものがあります。

ちなみに私は、今でもよく会う高校の仲間には『くま』と呼ばれています(笑)
名前がKumiなので、誰かが間違って呼んだのが発端だったような…

実は気に入っています(^艸^)

 

…会社で誰か呼んでくれないかな(笑)


よく読まれている記事

辻洋装店の針 ②手縫い...

基本の3本 辻洋装店ではアトリエ(縫い場)にいるスタッ...

変わる縫製工場

毎年の恒例となりましたが、こちらのサミット開催も来週と迫...

洋服づくりは人づくりの...

縫製道 茶道 華道 香道 書道 剣道 柔道 合気道 相...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...