辻洋装店

TSUJI DRESS MAKING CO.,Ltd     facebook  
BLOG | メゾンな日々
« 前の記事
2017年6月13日
管理人の投稿

ギャップ


 

今週と来週でインターンの学生を4名受け入れます。

 

皆さんの頭の中の『縫製工場のイメージ』と

『現実の辻洋装店』のすり合わせです。

 

最後の日に感想を聞くとギャップを感じた人とそうでもない人がいます。

ギャップは良くも悪くもいろんなギャップです(^^)

 

IMG_8285

今週のIさんは本社でマジックテープをカットしたり、

 

IMG_8291

生地に芯を貼る仕事をしていました。

 

担当部署の辻洋装店社員も指導するのは慣れたものです。

この時期は毎年毎週ですので(^^)

 

IMG_8288

そして今日は大阪から南出メリヤス株式会社の社長が見学にいらっしゃいました!

 

カットソーを中心に自社ブランドのアパレル事業や

OEM生産をしている会社だそうです。

 

なんだか全国に仲間が増えていくようで嬉しいのです(^^)

ツジゴウ

2017年6月9日
管理人の投稿

新班長


ようやく出来ました-!

 

4月から新班長に就任したHちゃんの班長就任祝賀会!

・・・という名の食事会です(^^;

 

本人の希望で中野駅近くの中華料理屋へ。

 

IMG_8264

昔からよくブログに登場してくれてます。

 

まだ新入社員の一日 その1

 

まだかろうじて新入社員の一日 その2

 

2012年度入社、6年目での班長就任おめでとう!

ますます腕と心を磨いて素敵な班長になってください(^^)

応援してます!

ツジゴウ

 

 

 

2017年6月5日
管理人の投稿

ロック・裏付け・箱P・衿付け


今日は社内テストに向けての勉強会(^^)

 

IMG_8244

仕事後にあちらこちらで先輩が後輩を指導する姿が見られます。

 

IMG_8234

「先輩に教えてもらったら後輩に教える」

 

IMG_8246

「立場が上になって後輩の面倒を見ると、面倒を見たその人自身が成長する」

ってことは全員がレベルアップできちゃうってこと(^^)

 

IMG_8247

手取り足取り、貴重な時間。

みんな真剣(^^)

 

IMG_8249

先輩方から受け継いできた辻洋装店の伝統です♪

ツジゴウ

2017年5月8日
管理人の投稿

初任給で


GW明けの全体朝礼は、新入社員による

『初任給で親孝行』の実践発表!

 

IMG_7919

親御さんの反応はまちまちでしょうけど、嬉しくない親はいないハズです!

親になると分かるんです(笑)

 

GWに帰省しなかった人は夏休みに実践することになってます(^^)

ツジゴウ

2017年4月21日
管理人の投稿

意外と知らない


社内でも意外と知らないんです・・・他部門の仕事。

 

IMG_7644

という訳で、今月の班長会議は『本社の仕事』がテーマ。

アトリエ縫製部門の班長+α有志を対象にして本社での仕事の流れを

その担当者に解説してもらいました(^^)

 

IMG_7649

「柄物の裁断ってこんなに大変なんだ・・・!」とか

知ってる様で知らないこと・・・結構あるもんです(^^;

 

IMG_7655

それぞれの立場での工夫や苦労を共有することで

 

お互いに思いやれる様になれたり、

お互いにフォローできる様になれたり、

お互いに感謝し合える様になれたり、

 

そんな集団になりたいんです。

 

IMG_7647

縁あって辻洋装店で一緒に働いている仲間ですからですね〜(^^)

ツジゴウ

 

2017年4月7日
管理人の投稿

決意


ハイ。昨日帰ってきました。

 

IMG_7681

研修中、朝はラジオ体操をするんですが、

基本的に座学ですからね〜ちょっと太りました(^^;

 

IMG_7677

それにしても、今年はホントにいい陽気でした。

初日はまだ五分咲きだった桜も三日間でほぼ満開に!

 

IMG_7675

そして今年もたくさん反省させてもらいました。

新入社員よりも私の方がためになった自信あります(笑)

 

 

決意も新たに(^^)

 

IMG_7687

職人人生の一歩をスタートします!

ツジゴウ

 

2017年4月5日
管理人の投稿

三同効果


一緒に暮らしている義父もインフルエンザにかかったそうですが(^^;

私は元気にセミナーを受けています!

 

IMG_7662

今日は陽気もいいし、イイ一日となりました(^^)

 

 

IMG_7665

一緒に学ぶ

一緒に飲食を共にする

一緒に寝泊まりする

 

これを“三同効果”といって互いに効果が高まるそうです。

 

IMG_7670

メモ

 

社会に出たら誰でも【信頼口座】が開設される

 

当たり前のことを当たり前にやってきちんと貯金しよう

 

挨拶・お礼・素直に謝罪・どんな小さな約束も守る

 

自分の能力なんてたかが知れてる

 

困った時に相談できる人がどれだけいるか

困った時に相談してくれる人がどれだけいるか

 

それが自分の力

 

IMG_7673

仕事の時間とプライベートな時間、分けられる?

 

人生は連続してるし、仕事って生き方そのもの。

 

明日の昼に帰ります(^^)

ツジゴウ

 

2017年4月4日
管理人の投稿

B型


妻がインフルエンザで寝込んでますが(^^;

 

私は元気で今日から二泊三日で新入社員セミナーに来ています!

 

IMG_7659

若干緊張気味の初日(^^)

 

本日の学び

 

“仕事に雑用はない”

-実務の先を考えること-

-何を見つめて仕事をするかが大切-

 

引率で来ているはずなのに私のためのセミナーみたい(^^;

 

明日は7:00から朝礼&ラジオ体操です!

ツジゴウ

2017年3月27日
管理人の投稿

失敗


先日、一年目の社員が通う学校の修了式がありました(^^)

 

IMG_7502

自分の体に合わせてパターンから作ったジャケットを

柴山講師長と土田先生にチェックしていただきました!

 

IMG_7500

ボディにも着せてチェック!

 

IMG_7498

IMG_7496

上手くいかなかったところがあってもいいんです!

 

IMG_7492

先輩に教えてもらったりしながらも、

プロのやり方で一着を縫い上げたその経験が宝なんです!

 

IMG_7488

失敗は成功のもと!

明日からの仕事に活かせば“失敗”じゃなくなります。

 

IMG_7494

それにしても、自分のクローゼットの中で

一番素敵なジャケットになっちゃったんじゃないかな〜?

 

IMG_7503

今週末の歓送迎会で披露してくれることになっているので、

今から楽しみです(^^)

ツジゴウ

2017年2月8日
管理人の投稿


毎年の恒例となってきましたが、

埼玉県立新座総合技術高等学校からの依頼で

センムがお話しさせていただきました。

 

IMGP9068

服飾デザイン科の一年生に向けて

 

『職業・労働の意義と職業選択について』

『専門職の仕事について』

 

というテーマだそうです。

去年と一緒ですね・・・何を話しているんでしょうか(^^;

 

IMGP9083

こんな、学校との繋がりがご縁で、

去年、新座総合技術高等学校卒業の18歳が辻洋装店に入社したんです!

 

もうすぐ先輩になりますね(^^)

ツジゴウ

2017年1月30日
管理人の投稿

必読


昨年少し紹介しましたが、

年末に繊研新聞に掲載された連載記事のリンクを貼ります。

 

国内縫製業の現実がとてもよくまとまっていると思います。

繊維業界でモノづくりの道に進みたい就職活動生必読!

 

叫び―国内縫製業の現場から①採算割れ

叫び―国内縫製業の現場から②低工賃・小ロット

叫び―国内縫製業の現場から③技能実習生

叫び―国内縫製業の現場から④自助努力

叫び―国内縫製業の現場から⑤展望

 

ホントに“ノビシロ”しかないです!

縫える人がますます減って、

高度な縫製技術の価値がどんどん上がって、

本物の職人がもてはやされるようになります(します!)

 

そのためには職人が活躍できる舞台をつくること

そして、技術を磨き続ける覚悟が必要な気がします。

 

IMG_6847

という訳で、週末に“現代の名工”稲荷田征先生のセミナーに参加してきました(^^)

『これからの物づくりへの提案』というテーマで、

多岐にわたるお話をしていただきました。

 

なかでも興味深いのが“溶着縫製”

特殊なテープを使って熱や超音波で生地と生地を溶着させます。

 

ミシンも糸も不要!

 

一部のカットソーなどですでに製品化されているようです。

防水浸透素材(GORE-TEXなど)のレインウェアなどもそうですね。

 

IMG_6846

縫製方法の新たな可能性として未来を想像するとワクワクします!

 

辻洋装店から13名も参加させていただいて(^^;

ありがとうございました!

ツジゴウ

 

 

 

2017年1月27日
管理人の投稿

チャレンジ


毎年恒例となった中村文昭氏の講演会(^^)

 

一年目の社員にCDで聞いてもらいます。

 

 

内容はこの動画とほとんど同じです。

 

IMG_6827

 

『なんのために働くのか』

 

働くことの意味を考えること、、、原点に帰る感じ。

何度聞いても心が揺さぶられます。

 

IMG_6833

終わったらみんなで『五香菜館』へ(^^)

 

IMG_6829

運良く空いてました。

9人で行って待ち時間0!

 

IMG_6830

この店には産まれる前から通っているけど、

初めて注文したメニュー『もやしそば塩味』も絶品でした!

 

IMG_6828

チャレンジ成功!大当たり!

っていうかハズレなし(^^;

 

ごちそうさまでした♪

ツジゴウ

2017年1月26日
管理人の投稿

ジブンに向き合う時間


昨日はこころを磨く日でした(^^)

 

IMG_6820

人は皆“自我のこころ”を持っているけど、これが多すぎるとなかなか幸せにはなれない

 

“自我のこころ”を減らすには“慈悲のこころ”を育てるといい

 

生かされていること・万物への感謝

 

人のいいところしか見ない

 

人を責めない

 

言うのは簡単だけど実行は難しい・・・

いきなり聖人みたいにはなれないから心遣いにも訓練が必要・・・

コツコツ訓練・・・

 

なんか仕事みたい(^^)

 

IMG_6821

終わったらみんなでお弁当!

 

澤講師、ありがとうございました!

 

ツジゴウ

2016年12月23日
管理人の投稿

キンチョー


昨日は半年に一度の社内テストがありました。

 

img_6624

例えば4年目の社員は“袖付け”

 

img_6625

「ぼちぼち仕事で袖付けやってもらうよ〜。

練習してできるようになっといてよ〜。」

 

という班長からのサインでもあります(^^)

 

img_6627

社員(班長)による社員(班員)のためのカリキュラムです。

もちろん社員(班長)が考えました(^^)

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

2016年12月14日
管理人の投稿

曼荼羅会議


辻洋装店の社員で知らない人はいない「曼荼羅」。

 

曼荼羅(まんだら、梵語मण्डल maṇḍala)とは、仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的・象徴的に表したもの。

Wikipediaより

 

元はこんな↓ヤツです。

 

http://www.toji.or.jp/htimg/2009_autumn/2.jpg

これを元に考案された目標達成ツールが『曼荼羅チャート』

 

プロ野球「日本ハムファイターズ」で活躍する二刀流の大谷翔平選手も

使っていたそうです。

 

http://nikkenkyo.jp/contents/wp-content/uploads/2015/11/12-13-4.jpg

中心に掲げている目標とそれを達成するための行動指針の関係性が視覚的に分かりやすいので、

いつも見える所に貼っておくと自分の意識の奥の方に入りやすい気がします。

 

意識に刷り込まれるとちょっと無理そうな目標も結構な確率で達成できちゃうんです(^^)

 

img_6500

昨日は一年目の社員の皆と曼荼羅会議(^^)

個人の曼荼羅を発表しあってそれぞれ自分の曼荼羅をブラッシュアップ!

いいアイデアはマネしあって“自分なりの”目標と行動指針を決めて書き出します。

 

キモは“自分なりの”というところ。

人に言われるとやらされてやることになっちゃいます。

 

あとは実行あるのみ(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

2016年11月23日
管理人の投稿

叫んでみました


11月21日(月)の繊研新聞の記事にちょびっと取りあげていただきました(^^)

 

img_6385

 

『叫び  国内縫製業の現場から』という連載記事の⑤回目、最終回です。

小豆島のタカラさんは業界ではずーっと前から有名な会社です。

 

<以下全文>

 

展望

 

創意工夫が人を育てる

 

逆風が強まる中、知恵を絞り、工夫を凝らす工場も目立つ。

独自の手法で縫製技術を高め、人を育てる努力を惜しまない。

 

可視化の仕組み

 

国内高級プレタを扱う辻洋装店(東京、辻庸介社長)。

特徴は可視化にある。

例えば、縫製グループと個人、それぞれの出来高を書いた紙を社内に貼り、全員が見られる。

「名前を出すのは酷ではないかという意見や反発もあった」(辻吉樹専務取締役)が、

今では効率を知る大事な役割として浸透している。

 

縫製の出来高は1日、一週間、一ヶ月、半年、一年という形で、

短期、長期の両方が分かるのがポイントだ。

短期で見れば効率が悪くても、長期では効率が上がっているケースもある。

また、受注工賃が工程分析工賃に対して合わない場合もあるため、工程分析指標でもチェックする。

受注工賃が低くても、工程分析工賃をクリアしている場合は評価をする仕組み。

 

パターンの概念、工程はタブレットで保存し、誰でも見られる。

概念を理解しているか否かで縫製方法やアイロンのかけ方が微妙に変わり、

商品の仕上がりに大きく影響するためだ。

 

リーマンショック前後、受注減や低工賃から赤字決算もあった。

しかし、工夫を凝らした結果が徐々に出て、苦しい環境ながらも黒字を確保している。

 

香川県・小豆島に縫製工場を持つタカラ(岡山市、米倉将斗社長)の強みは人材育成。

北は北海道、南は沖縄からも受験に来て、毎年新卒で約10〜20人を採用する。

入社後は小豆島の職業訓練校、タカラモードカレッジの0JT(現場教育)で洋裁を学ぶ。

寮も完備している。

 

キャリアプログラムが明確で、1年時に丸縫いに必要な技術の習得を目指し、

2年次に主工程のパーツ縫い、中間アイロンの技術を身につける。

訓練後の3年で二級技能士を受験し90%近くが合格している。

5年を目安に一級技能士に受かり、その後指導員免許を取る人もいる。

 

夏と冬の年二回、ファッションショーも行う。

若手社員が自分たちでデザインして服を作り、演出まで行う。

ここに学生を招待し、雰囲気を味わってもらう。

社員のモチベーションを上げ、学生に夢を与える場だ。

 

技術の蓄積には人材育成が伴う。

生産するのはデザイナーブランド、高級プレタポルテであり、

布帛、カットソーともに難易度の高い商品に対応する。

「うちのコアコンピタンスは何か。うちにしか出来ない“顔”の服作りをしていきたい」

(米倉将斗社長)と力を込める。

 

ぶれない理念

 

「洋服作りは人作りの道」「物作りは、人作り」。

これは二社に共通する考え方だ。

縫製業を通じ、豊かな人間性を磨くことが目的で、ゴールはない。

ぶれない理念は経営者の“正しい努力”とともに、社員の共感を生み、良い人材と高い技術を育む。

今一度、縫製工場は立ち止まり、社会的役割と存在意義を自らに問いかける必要がある。

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

 

2016年11月10日
管理人の投稿

トータルな技術を身につけ長く働く


今朝、業界紙の繊研新聞一面に辻洋装店の記事が掲載されました(^^)

 

(以下全文)

 

img_6319

明日につながる人作り

 

トータルな技術を身につけ長く働く

 

インターンシップでギャップ埋める

 

 

縫製工場の辻洋装店

 

縫製工場の辻洋装店(東京、辻庸介社長)は、人材育成で知られる。

人材不足に悩む縫製業界では、外国人技術実習生や中途で経験者を採る場合が多いが、

毎年新卒社員を採用し、しっかり育てる仕組みを整えてきた。

 

新卒社員は、専門学校を卒業した学生5人前後。大切にしているのは、

「入社前と入社後のギャップを埋めること」(辻吉樹専務取締役)だ。

そのため、選考過程で必ずインターンシップを約1週間行う。

 

体験してもらうのは、朝礼から終業まで。給与や労働時間、育児休暇などの待遇に加え、

毎月の道徳勉強、月1回は親に手紙を書くこと、

食事会や歓送迎会、社員旅行といったイベントの多さを含め、

入社後のことを出来る限り細かく伝える。

学生が聞きたいことは何でも、どの社員に聞いても良い。

「イメージと違う」ことを理由にした早期退職を防ぐためだ。

同社としても社風に合うか見抜く良い期間に位置づける。

このほか、工場見学も常時開放、学生、同業他社など年間400人が訪れる。

17年4月採用では約20人がエントリーし、4人が入社予定だ。

 

仕事を1年目でやめる社員はほとんどいない。

結婚で退職しても、しばらくして戻ってきたり、

自宅でミシンを持って辻洋装店の仕事を受けたり、といった人もいる。

育休取得後、復帰する社員も増え、それをスタッフが歓迎する社風が後押しする。

 

採用した後は、厚生労働省の「キャリア形成促進助成金」を活用し、

モデリスト養成スクールに年24回通わせる。

縫製基礎コースで、縫製やパターンの知識を学ぶ。

 

社内では1~3年目まで年次ごとに独自の縫製テストも行う。

例えば、四角の角ロックを制限時間内に止まらずにきれいにできるかなどの課題を与え、

クオリティーと時間、評価基準に所作などもチェックする。

A、B、Cで採点し、先輩と役員もコメントする。

「テスト中、緊張して手が震える人もいる」ほど皆、真剣だ。

ただ、あくまでテストは目標に向かう努力と成長を促すためのもの。

だからその評価は給与に影響しない。

 

人前で自信をもて話せるよう、月曜日の朝礼では自由なテーマで

1人ずつ3分間スピーチをローテーションで行う。

 

物作りは、一般的なライン生産とは異なる。1着を分業で仕上げるのではなく、

7つの縫製グループで行う。

リーダー1人、中堅2人、新人1人の4人一組で組織し、ミシン担当が3人、アイロン担当が1人。

ジャケットやコート、ワンピースなど、同社が扱う商品は何でも縫えるようにする。

技術力を平準化するため、グループは最低年1回、シャッフルする。

 

社員は直接作業者、間接作業者を合わせて50人強。ほぼ正社員で、外国人実習生はいない。

経営が厳しく実習生を入れようと思った時期もあったが、

「工夫をして日本人でやれるとこまでやろう」という辻社長の考えで、

ずっと日本人だけの運営を貫いている。

経営理念は「洋服づくりは人づくりの道」だ。

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

2016年11月9日
管理人の投稿

Welcome back!!


今まででママになって辻洋装店に帰ってきてくれた人は8名います。

これはすご~~~~~~~く嬉しいこと(^^)

 

一年間産休とって復職したり、

一度退職して子供が小学校に上がってからパート社員として復職したり・・・

住んでる場所、旦那さんのお仕事、家族の協力など

環境がそれぞれなので働き方もケースバイケース(^^)

 

img_6316

11月から復職したMiyuちゃんはママじゃないレアケース(^^)

 

辻洋装店で6年間、班長まで勤め上げて大きなメーカーに転職。

単身で中国に渡り、縫製指導員として1000人規模の工場で技術指導してきました。

6年半も・・・中国・・・すごい(^^;

 

img_6314

また日本で、辻洋装店で働きたいんですって♪

 

技術は折り紙つきだし、もちろん大歓迎!!

 

おかえりなさい(^^)

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

2016年11月4日
管理人の投稿

プチ改善作戦会議


一年目の社員のみんなと作戦会議しました(^^)

 

仕事している一日(8時間)の中身を大きく分けるとこんな感じ。

 

・直接、製品に付加価値を与えている加工中の時間―10%~15%

・製品の取り置き、合わせ、ふり回しの時間―65%~70%

・段取り等、その他の時間―20%

 

img_6150

今回手を付けたのは『段取り等、その他の時間』

“ムダな時間を減らしてその分仕事をする時間を増やす”―技術がなくてもできるコトです。

 

普段、工程時間外に何をしているか、思いつくだけ挙げて

キーワード(問題点)を絞ったら、

 

img_6151

その原因を思いつくだけ挙げて、

解決策をグループで考えて発表!

 

img_6152

最後に自分がやることを付箋に書いて発表!

 

やっぱり同期の意見は刺激になります♪

 

img_6153

〆は長浜食堂でラーメン(^^)

 

img_6157

活発な意見がたくさん出て、とっても楽しい会議でした!

みんな有難う(^^)

 

 

教えてもらったことは実践しないとモッタイナイので!

 

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!

2016年11月2日
管理人の投稿

事業継承


先週末行われた二友会の定例会(^^)

テーマは『事業継承』でした!

 

因みに「二友会」というのは都内近郊のアパレルものづくりのプロ集団です。

 

img_6109

もともと「二友会」というのは縫製工場二代目経営者の勉強会だったので(今は三代目が多いです)

皆が抱えている問題であります。

 

先輩方の様々な事例を聞いて、

自社に活かそうと、皆本気で考えています。

 

自分の代で少しでもイイ会社にしようと試行錯誤中なんです!

 

img_6110

金曜日の18:30〜21:00までマジメに勉強です。(↑写真は懇親会(^^)

アドバイザーとしてお招きした税理士の大野先生もビックリしていました!

 

img_6111

【いいモノづくりは人づくり 】ですから

事業の継承・継続も言い換えれば

“人づくりを続ける覚悟”のような気がします。

 

服づくりを通して従業員の道徳力を引き上げて、

皆様に幸せになってもらうことが一番の社会貢献だし、

辻洋装店はその為に存在しているんです。

だって【企業は社会の公器】ですから!

 

なんて胸を張って言えるように(^^;

先ずは自分からですねー。

 

img_6116

オブザーバーで来てくれたシタテルのお二人も程よく馴染んで(^^)

次回は忘年会ですって。

早いですねー(^^)

 

中野ケンシロウ

東京都内のプレタポルテ婦人服縫製工場でいつまでたっても修業中!