東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 糸返り

BLOG

BLOG 2014.03.28

糸返り


辻洋装店では日々様々なトラブルに対処しております。

今日、ご紹介する“糸返り”とは(正確には)

「縫い糸が生地を貫通するとき、生地構成糸の一部が反転して裏面の糸が表面に現れた筋」

・・・だそうです(^^)

辻洋装店で扱う生地では高密度のシルクプリントや捺染シルクジャージーなどでたまに起こります。きっと無地でもあるのでしょう・・・

 

一瞬“糸引け”にも見えますが、対策は全く別。

ミシンの設定や技ではどうにもなりません(^_^;)

「縫い糸や針が生地を貫通するとき」なので原因は糸と針です。

 

糸を細いフィラメント糸にして・・・

針は先端が細いボールポイントのKNSFにしてみます・・・

 IMG_8043

 これでダメならまた違う手を考えます(^^)

http://www.organ-needles.com/trouble/itogaeri.php

 

Live streaming video by Ustream

今日はこれからjun ashida のコレクションを見学に行ってきます(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

辻洋装店の針 ②手縫い...

基本の3本 辻洋装店ではアトリエ(縫い場)にいるスタッ...

変わる縫製工場

毎年の恒例となりましたが、こちらのサミット開催も来週と迫...

洋服づくりは人づくりの...

縫製道 茶道 華道 香道 書道 剣道 柔道 合気道 相...

縫製技術者を育成するこ...

辻洋装店の社員のなかに、誰かに頼まれて入社した人は一人も...

縫製機器をカスタマイズ

ちょっとした工夫で、道具一つで、何かの工程が少しだけ早く...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...