東京中野の縫製工場「辻洋装店」| 糸返り

BLOG

BLOG 2014.03.28

糸返り


辻洋装店では日々様々なトラブルに対処しております。

今日、ご紹介する“糸返り”とは(正確には)

「縫い糸が生地を貫通するとき、生地構成糸の一部が反転して裏面の糸が表面に現れた筋」・・・だそうです(^^)
辻洋装店で扱う生地では高密度のシルクプリントや捺染シルクジャージーなどでたまに起こります。きっと無地でもあるのでしょう・・・

 一瞬“糸引け”にも見えますが、対策は全く別。
ミシンの設定や技ではどうにもなりません(^_^;)
「縫い糸や針が生地を貫通するとき」なので原因は糸と針です。

 糸を細いフィラメント糸にして・・・

針は先端が細いボールポイントのKNSFにしてみます・・・

 IMG_8043

 これでダメならまた違う手を考えます(^^)

http://www.organ-needles.com/trouble/itogaeri.php

 

Live streaming video by Ustream

今日はこれからjun ashida のコレクションを見学に行ってきます(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

パイピング

辻洋装店ではほとんどの場合、パイピングステッチはパイピン...

ご案内

今年もご案内をいただきました。 我々、縫製工場が一番お...

クチュールレッスン

辻洋装店新入社員対象のクチュールレッスン。先週末...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

素人が秋刀魚を美味しく...

5年で300尾以上の秋刀魚を焼いてきた辻洋装店プレス部主...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...