東京中野の縫製工場「辻洋装店」| トントン

BLOG

BLOG 2013.10.03

トントン


ミシンの紹介です(^^)

 

正式な名称は分かりません(^_^;)

『パット付けミシン』でしょうか?

 

辻洋装店では『トントン』と呼ばれ

パット付け、しつけ、肩とじ、などで活躍しております。

 

立体的に

 

程よい調子で縫えます♪

 

「ダーー」とか「ガーー」じゃなくて「トントントン・・・」って感じなんです(^^)

中野ケンシロウ

東京都内の婦人服プレタポルテ縫製工場でいつまでたっても修行中!


よく読まれている記事

働きがい

ある旅人が、建築現場で働く3人の石工に出会います。それぞ...

生地の自重

辻洋装店では脇と肩が縫われた商品はハンガーに掛けられて夜...

【費用は?】アパレルメ...

サンプル製作 少なすぎる情報でお見積もりを提示するのは...

工場見学の前に

年間で500名以上の方々を辻洋装店工場見学にご案内させて...

取引のないアパレルメー...

本日は株式会社ワールドグループの技術の方々が見学にいらっ...

メローロック

こちら、いわゆる普通のロック。   ...